プロフィール

ご訪問まことにありがとうございます。管理人のRubyです。

令和元年の夏、『令和の大嘗祭』に「麁服(あらたえ/大麻(おおあさ)の織物)」を調整・調進される阿波忌部氏の御殿人(みあらかんど)、三木家第28代目当主、三木 信夫氏の講演会に参加しました。

「嗜好品や医療品としての」大麻についての議論は、少ないながらも耳にすることはありますが、実は、大麻(おおあさ)は縄文時代、神話の時代から、日本人の生活に密着した神聖な植物だったのです。

日本で禁じられている部分は、花穂や葉の部分のみであって、茎や種の部分には、精神に作用を及ぼすような物質は含まれていません。

茎や種の部分は、健康食品であるCBDオイル(大麻油)として利用され、横綱の化粧まわしや神社の注連縄(しめなわ)になり、七味唐辛子にも入っています。

わたしはノンスモーカーですので、たとえ嗜好用の大麻が解禁になったとしても、おそらく嗜むことはないと思いますので、嗜好用の大麻解禁には、個人的にそれほど興味はもっておりませんが、「医療品」として解禁されるべきか否かということに関しては、大いに議論していくべきだと考えています。

こちらのサイトは、大麻(おおあさ)を、歴史や文化、健康の面から考えるサイトです。

ご興味のある方は、お気に入り(ブックマーク)に登録してくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、パワースポットや神社、歴史、旅行、グルメに関しては、姉妹サイト『Rubyのパワースポット』で話題にしていますので、あわせてよろしくお願いいたします。